横からの見映えを意識したコーデを考えよう

皆さんはコーデを構築する時、横からの見た目を気にしていますか。
実はこの点、意外に重要なポイントなんですよ。
今回はそうした横からの見映えを意識した、オリジナルTシャツ プリントのコーデの考え方を紹介します。

・横からの見映えは前では気づかない問題点が多い

一般的に前からの見映えをチェックする方は非常に多いのですが
横からの見映えとなると、前に比べてチェックしない方が多いようです。

しかし横は、前では見えないだらしのない部分が出やすいという点があるので、
ファッション的にも前だけでなく横からもチェックした方が良いのです。

基本的に横からの見た目で気をつける点としては

・姿勢(背筋が丸くみえる着こなしをしていないか)
・髪(髪が広がりすぎていないか)
・アウター、トップス(着膨れしていないか)
・ボトム(しっかりフィットしているか)
・シルエット(シルエットが綺麗か、マフラーなどで後ろが重たい印象になっていないか)

が挙げられます。

上記に加えて全体の太さなども横から見た際の印象に繋がるので注意しておくと良いでしょう。
コーデを決めるときには多方面から見ても意図したイメージを与えられるように、考えるべきです。

ファッションにおいて黄色と黒の組み合わせがもたらすカラー効果とは?

ファッションにおける黄色と黒、所謂注意色と呼ばれる組み合わせ。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・黄色と黒の組み合わせは目を向けやすい

黄色と黒の組み合わせは注意色と呼ばれ
主に踏切や工事現場などでよく見かけるカラーとして有名です。
この配色の効果としては、文字通り、注意すべきものとして目を向けやすい効果が挙げられるのですが
ファッションの場合では、単純に注目を浴びやすい配色として扱っても構いません。
加えて、ミツバチのような姿もイメージしやすいことから
動的でヤンチャなイメージも加味されます。

こうした要素を持つカラーなので活発なティーン世代にはピッタリの色といえるでしょう。
ビビッドな配色で目を惹きつつ、アクティブな明るさをしっかりと表すことが出来ます。
また黄色も黒も男女が扱いやすいカラーであることから、ユニセックスな方向のスタイルにも
使いやすいでしょう。

もし黄色と黒のカラーをメインに配置したコーデが目立ちすぎる、目を惹きすぎると感じた時には
黒を茶色に変えたり、色のトーンを抑えたりしてみてください。
多少色調を変えたとしても黒(茶)系+黄色系の組み合わせであれば
前述した色による注目効果は適用されます。

ファッションにおいてピンク色がもたらすカラー効果とは?

ファッションにおけるピンク色、
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。
今回はピンク色のアイテムを扱う際の考え方や工夫の仕方も交えて紹介していきます。

・ピンク色は柔らかい雰囲気を表すのに向いている

ピンクはレディースカラーと長年言われてきましたが
近年のメンズファッションではピンクの衣類も、積極的に扱われるようになってきています。
そのためピンク=女性だけのカラーという認識は崩れつつあり、一般的には
柔らかい雰囲気を表すカラーとしての使用が多いようです。

加えてピンク色は芯の強さを感じさせやすいカラーリングでもあります。
これを活かして、スタイルの線の太さを整える目的で、ピンクの衣類が用いられたりするのも
現代では珍しくないです。

もちろん、本来の通り女性のキュートさを魅せる色効果もあるので
レディースコーデの可愛さを表すのにも、十分使えますよ。

もしピンク色を使ったレディースコーデでワンランク上のキュートさを見せたいのならば、
濃赤や濃茶、緑等の深みのあるカラーを交えるか、
薔薇モチーフの装飾など、高貴さを感じる要素のアイテムを合わせるのが、オススメです。

ファッションにおいて灰色がもたらす効果とは?

ファッションにおけるグレーカラー、所謂灰色。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・灰色はその雑味の他に補色同士を繋げる役割がある

灰色の魅力はズバリ、グレーという言葉の通り、その曖昧な雑味にあります。
この雑味は黒よりも弱く白よりも強い存在として、コーデのカラーリングの、ベースになる効果があります。

しかしこの灰色のアイテム、どんなカラーと組み合わせたら良いのかわからない!という意見が
意外に多いです。
色合いが鈍い割にはある程度存在感があるので、確かに組み合わせるカラーには迷うことが
多いかもしれませんね。

実は灰色の扱い方としては、”赤と緑” ” “青と黄色” “黄緑と紫”といった所謂補色の関係
(一方の色がもう一方の色を補いバランスを取ること)の組み合わせの中に加えるのがベスト。
これは何故かというと、赤と緑を混ぜ合わせたら灰色になるように、灰色は補色間の
中間色の役割も持つ訳なんです。
そのため一般的なファッションカラーの考え方である、灰色+1色の考え方ではなく、
2色+灰色という組み合わせの方が色合いの違和感がなくなります。

以上の理由により、灰色のアイテムを扱うコーデの際は
灰色を含めた3色をメインに、カラー配置すると良いでしょう。
例を挙げるならば灰色のセーターに緑のスタジャン、そして赤いマフラーや手袋をする、といった感じです。
もちろん、色が近い白と黒のモノトーンに灰色を加えるのもオススメですよ。

オススメメンズファッションブランド、ウィザード(Wizzard)の特徴を紹介します。

オススメメンズファッションブランド、ウィザード(Wizzard)の特徴を紹介します。

ウィザード(Wizzard)は日本発のメンズファッションブランドです。
ブランド名の意味合いである魔術師という言葉が示す通り、コーデの仕方やバランスによって
いくつもの魅力が魔法のように溢れるアイテムが特徴的。
そのストリートさとモード、2つの様式からなるデザインは様々なスタイルを提案してくれるはずです。
また複数の素材からなるアイテムやレイヤードアイテムなど商品のバリエーションが豊富なのも
ファンを惹きつける要素となっています。

同ブランドのデザイナーは佐藤幸史氏が担当。
その独特の世界観を落とし込んだ魅力的なデザインは、ファッションを考えるならば
一度触れておくべきでしょう。

ウィザードには様々な性質のアイテムが存在していますが、
基本的には他アイテムとの組み合わせがしやすいカジュアルテイストが多数を占めています。
ですので、着こなしにおいても深く悩むことは無いでしょう。
もちろん前述したブランド特性を踏まえて
ストリート、モードなどの各スタイルに組み合わせるのもオススメです。

ウィザードのアイテムで”魔術師”ならではの、
魅力あるファッションを、構築してみては如何でしょうか。